元のページへ戻る >> 原鶴温泉「六峰舘」周辺の観光情報

原鶴温泉「六峰舘」周辺の観光情報

【鵜飼(うかい)】

原鶴温泉の鵜飼い筑後川の原鶴温泉で鵜飼いが見られるのは、5月下旬から10月下旬頃まで。鵜飼いは夏の風物詩としてよく知られていますが、今では全国的に鵜飼いが見られるところが少なくなりました。屋形船に乗って夜の風を感じながら楽しむ鵜飼いは何とも言えず風流気分。鵜匠の巧みな網さばきと一所懸命鮎を追う鵜のキュートな姿は必見です。

鵜飼いのスポットを地図で確認する


【柿狩り】



柿狩り柿狩は9~11月頃まで。特に志波柿は全国的にも有名です。「六峰舘」でも近隣の果樹園の紹介をしているので、フルーツ狩り希望の場合はフロントに問い合わせてみてください。

柿狩のスポットを地図で確認する


【秋月城跡】


秋月城跡の黒門『筑前の小京都』ともいわれる秋月は、鎌倉時代の秋月氏、江戸時代の黒田氏により古くから栄えていた城下町です。風情ある街並みが今も残されており、桜の季節や紅葉の季節には多くの観光客がおとづれます。広めの駐車場があるので車で出かけられますが、桜や紅葉の見頃の時期には多少混み合うかもしれません。
秋月城跡の場所を地図で確認する


【三連水車】


朝倉の三連水車現在でも実際に使われている日本最古の水車として全国的にも有名です。6月中旬から10月中旬頃まで稼動しています。
朝倉の三連水車の場所を地図で確認する


【普門院(ふもんいん)】


普門院(ふもんいん)天平19年(西暦747年)聖武天皇の勅願により僧行基が普門院(ふもんいん)を建立したと言い伝えられています。本堂は明治末期に建立された福岡県最古の仏寺建築物です。
普門院(ふもんいん)の場所を地図で確認する


【小石原焼き(こいしわらやき)】


小石原焼き(こいしわらやき)小石原村には50数軒にのぼる窯元が伝統を受け継ぎながら日々新しい作品を生み出しています。飛びかんな、はけ目、化粧掛けなどの独特の技法を使い、土の風合いを生かした暖かい作風が多くの人たちの心をとらえています。手っ取り早く小石原焼きを楽しみたいなら道の駅小石原が便利。小石原焼きの展示即売や食堂などもあり、家族で楽しめる観光スポットです。
道の駅小石原の場所を地図で確認する



※観光情報のご利用にあたっては、必ずご利用者自身で事前に詳細なご確認をお願いします。



当サイトから原鶴温泉「六峰舘」の宿泊予約ができます。